長径術

長径術

長径術(牽出術)とは、陰茎本体の体にもぐっている部分を引っ張り出すことにより、普段の状態時に長く見せるようにする手術です。

長径術を行っても陰茎本体を長くすることはできません。本体の長さは変わっていないので勃起時に今までより長くなることはありません。

このような悩みはありませんか?

長径術長径術

このような悩みをお持ちの男性の多くが当院で施術を受けています。

  • 普段短くて小さいので恥ずかしい。
  • 小さい事がコンプレックスで前向きになれない。
  • 包茎手術をしたのに、普段時に皮がかぶってしまう。
  • 普段、陰毛が絡みこんで困っている。
  • 太ったことで腹の肉にペニスが埋もれてしまった。

ペニスが短い『短小』の原因と問題点

ペニスが短い原因は以下の3タイプに分類できます。

ペニスが短い原因
短小の要素
Aタイプ
生まれつき陰茎が短い
本当に小さい
Bタイプ
平常時陰茎が引っ張り込まれてしまう
ワナ靭帯により平常時にペニスが体内に引き込まれる
Cタイプ
肥満によって陰茎が皮下脂肪に埋もれてしまう
肥満によって皮下脂肪に埋もれる
Aタイプ
生まれつき陰茎が短い
本当に小さい
Bタイプ
平常時陰茎が引っ張り込まれてしまう
ワナ靭帯により平常時にペニスが体内に引き込まれる
Cタイプ
肥満によって陰茎が皮下脂肪に埋もれてしまう
肥満によって皮下脂肪に埋もれる

(A+B)・(A+C)・(C+B)・(A+B+C)というように複合的な場合が多く、また例外なく仮性包茎真性包茎です。

「短小」である事の問題点

短小だって…
ペニスは勃起時に3センタもあれば十分SEX可能。
健康な精子であれば妊娠させることも
大きさよりも大切なもの
SEXで大切なのは相手に対する「愛情」と満足させようとする「努力」。
男として一番大切なのは大きさよりも「清潔さ」と「高性能」なのです。
短小の問題点
「短小=包茎」と短小に包茎は付きものです。
包茎は包皮の内側にアカがたまり易く、雑菌・カビ・クラミジア・ウィルスが増えやすくバイキンだらけです。
短小は小さいことより「汚い・臭い・病気のもと」である包茎が良くないのです!

Dr.吉澤の長径術(牽出術)

Dr.吉澤の長径術(牽出術)とは

長径術(牽出術)とは

長径術(牽出術)とは、陰茎本体が体にもぐっている部分を引っ張り出して長く見せる手術です。
Dr.吉澤の長径術(牽出術)は解剖学的な研究と30年以上の臨床経験から確立された術式で、長くなるという事では定評があります。

ペニス本体を長くすることはできません!
ペニス本体は海綿体という血管のかたまりでできています。勃起というのはこの海綿体に血液が流れ込んで大きくなったり、長くなったりする現象です。
理論上、海綿体の血管の量を増やしたり、流れ込む血液の量を増やしたりすれば、ペニスが大きくなったり、長くなったり出来ると考えられますが、それは不可能な事です。
そこで、長径術(牽出術)でもぐったペニスを外に引っ張り出して長くしたり、脂肪注入でまわりに脂肪を入れ太くするのです。
ペニス本体が長くなるというウソにだまされてはいけません。
勃起時、長径術(牽出術)後のペニスは?
長径術(牽出術)でペニスを外に引き出せば勃起した時も大きくなるのではと考えがちですが、答えは「NO!」です。長径術を行ってもペニス本体の長さは変わっていないので勃起時はもとと同じ長さなのです。
ただし、本体が出やすくなった分長くなることはあります。

Dr.吉澤の長径術(牽出術)の気になる術後

吉沢式長径術(牽出術)

ペニスの根元と恥骨はワナ靭帯という硬い靭帯で結合しています。
皮を切りすぎて支障が出るといったことはあってはいけませんし、もちろん傷口が目立ってもいけません。

Dr.吉澤は解剖学的見地から、このワナ靭帯がペニス本体を体内に引き込むという事を発見しました。つまりワナ靭帯を切断するとでペニス自体が自由になり、通常もぐっている部分が外に出るのです。

そして長い研究の末「靭帯をペニスからはずし、ペニスの体内でたるんでいる部分を引っ張り出し、もぐらないように固定する手術法」を確立しました。

これが長径術(牽出術)です。

当院では一般の長径術(牽出術)よりもはるかに高いレベルの手術を行っています

当院の長径術(牽出術)は前出のA・B・Cどのタイプの短小にも効果があり、平常時のペニスの外見はかなり良くなります。
包茎の場合は同時に包茎手術も施せば完璧です。
過去30年以上この手術による副作用はありません。

気になるSEX効果

ワナ靭帯を切断するとペニスが勃起時に持ち上がらないとかブラブラになってしまうと思っている人がいますが、そのような事はありません。Dr.吉澤の手術を受けた人の多くは「SEX時、相手が今までより突き上げられる感じが強くなって良くなった、と言っている」と報告してくる人が多いのです。

手術概要

長径術(牽出術)情報
手術時間 1時間
クリニック滞在時間 手術後すぐに帰れます
麻酔の有無 局所麻酔
抜糸の有無 自然に溶ける糸を使うので抜糸は無し
仕事(通常生活)復帰までの期間 次の日から
腫れの有無 あまり腫れない
再来院の有無 1ヵ月後検診
シャワーなどの術後の規制 傷口を濡らさなければ翌日からシャワーOK(傷口は8日間は濡らさない)
入浴は2週間禁止
その他 術後3~4週間は性交禁止
手術時間
1時間
クリニック滞在時間
手術後すぐに帰れます
麻酔の有無
局所麻酔
抜糸の有無
自然に溶ける糸を使うので抜糸は無し
仕事(通常生活)復帰までの期間
次の日から
腫れの有無
あまり腫れない
再来院の有無
1ヵ月後検診
シャワーなどの術後の規制
  • 傷口を濡らさなければ翌日からシャワーOK(傷口は8日間は濡らさない)
  • 入浴は2週間禁止
その他
術後3~4週間は性交禁止

あくまでも、平均的な目安です。

手術費用

手術・施術 費用(税抜)
長径術(牽出術) ¥280,000

手術費用は、基本料金です。ほとんどの手術は基本料金+消費税で行うことができます。
ただし、初回診察料2,000円・再診料1,000円・手術後の薬代5,000~20,000円が必要です。
また、他院で行った手術のやり直しやヒアルロン酸などの異物注入をした人の場合には基本料金に+30,000円となりますのでご了承下さい。

Dr.吉澤の想い

人生をだめにする短小コンプレックス

人間十人十色、ペニスもまた然り
男にとって、その象徴たる分身にコンプレックスを抱くということは、人生までも狂わしてしまうこともあるのです…
人間の身長に高い・低い、体型に太め・細めがあるように、ペニスにだって個人差があるのは当然のことです。
他人のモノと比べて一喜一憂すること自体がナンセンス!
ペニスの平均サイズ?
国勢調査ならぬ国チン調査でもして統計を取ったのでしょうか?
「平常時○○センチ」「勃起時○○センチ」いいかげんな男性雑誌によく掲載されている数字、いったい何の根拠が…
この手の数字をくらべ悩んだりするなど愚の骨頂!!

コンプレックスからの解放を願っています

この手術は、手術を受けた男性に「私はDr.吉澤の長径術(牽出術)を受けたのだから」と自信を持ってもらう事がなにより大事なのです。私はその思いに十分応えるべく、責任ある手術を行う事が使命と心得ています。
「手術をしたことによりコンプレックスから開放され、気持ちが明るくなり仕事や人生に対して前向きに取り込む様になれた」と、感謝の言葉が返って来る事があります。そんな時、美容外科医としての感慨深いものがあります。

騙されないでください

よくある話ですが…
長くする手術を受けると『勃起する時も長くなる』『いくらでも長く出来る』と宣伝しているところがありますが、そんな宣伝文句に引っかかってはいけません。
残念なことに、現在の医学ではペニールインプラント挿入術以外の方法では、どんなことをしてもペニス本体を実質的に長くすることは出来ないのです。
あくまでも、もぐっている部分を引っ張り出してもぐらなくする、つまりは長く見せる手術なのです。 だからDr.吉澤は牽出術と名付けたのです。

手術・施術の副作用(リスク)等

基本、手術・施術においてはその内容により注射をしたりメスを使ったりいたします。

主な副作用(リスク)

麻酔などの注射の場合・・・ 腫れ

メス・電気メスの場合・・・ 腫れ・傷・出血

※傷跡を目立たなくするのが美容整形です

稀な副作用(リスク)   
※副作用には個人差があります

熱感・発赤などを感じることがあります。

麻酔液・注射液には必ず「アナフィラキシーショックに注意」と記載がありますが、それに対する準備は常に整っております。

手術・施術時もしくは術後における考えられる副作用(リスク)等
  • 症例には個人差があるため、患者さんの理想通りできない場合がある
  • 術後の経過は個人差がある
  • どんな手術・施術でも患者さんの過度な期待に添えない場合がある
吉沢クリニックにおける副作用(リスク)等の回避策
Dr.吉澤による完全主治医制

吉沢クリニックではDr.吉澤が最大の注意を払い、手術・施術の確実性を心がけ患者さんに安全と安心を、そしてコンプレックスからの解放を願い40年以上他医に任せる事なく一人で患者さん一人一人に真摯に向き合い丁寧に手術・施術を行っております。
当院では、全ての患者さんに終始一貫した常に安全でハイレベルな医療を提供するため、診察からアフターケアまでDr.吉澤が一人で行います。

徹底したインフォームドコンセント

当院では、診察の際(術前)に患者さんの悩みを聞き、現状を把握し一番適切な手術・施術方法を提案いたします。
その際メリット・デメリットも含めきちんと説明し、手術をする・しないは、患者さんの意思を尊重し決して無理強いは致しません。
患者さん自身が十分納得されなければ手術は致しませんので不安な点などありましたら診察時にご相談ください!

関連記事

  1. シリコンボール

  2. 子供の包茎

  3. 増大術

  4. インポテンツ(ED)手術

  5. パイプカット

  6. 包茎手術

PAGE TOP