膣縮小術・包茎手術・ED治療なら東京都東北沢の吉沢クリニック

LINE無料相談
料金
メール無料相談
アクセス
コラム

膣トレの効果が出る期間とは?メリットや方法まで解説

「デリケートゾーン」というその名の通り、女性にさまざまな悩みをもたらす可能性のある膣。身体内で果たす役割が多岐にわたるため、一度不調をきたすと、尿漏れや臓器脱、性交不良など、さまざまな悩みのタネになってしまいます。

そこで膣を入念にケアし、悩みを解決するために有効とされる「膣トレ」について、そのやり方や効果を詳しく解説します。

膣トレとは

膣トレとは、「膣圧トレーニング」の略で、骨盤の底にあり、膣や膣内の内臓を支える役割を果たす「骨盤底筋」のトレーニングのことを指します。

膣は、骨盤底筋が収縮し、膣圧が強くなったり弱くなったりすることで、緩んだり引き締まったりします。

しかし、この骨盤底筋の筋力が低下すると、膣圧が弱く、膣が緩んだ状態のままになってしまいます。

こうなると、尿漏れや性器脱などが起こりやすくなってしまうため、膣トレによって骨盤底筋を鍛え、膣圧を維持したり高め直したりすることで、膣の状態を良好に保つことができます。

膣トレ方法

それでは続いて、膣トレの方法についてご紹介します。

「トレーニング」と聞くと、大きな筋トレマシーンを想像したり、ジムに通ったり、少し腰が重くなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、膣トレは、場所を選ばず行うことができるため、空いた時間や家事をしている時間など、比較的自由に、かつ手軽に行うことができます。

多くの人が気軽に着手でき、かつ、継続もしやすいトレーニング方法を紹介します。

通勤時間に立ってできる膣トレ

まっすぐな姿勢で立ってください。

  • 骨盤底筋を意識しながら、膣と肛門を締めて緩める、締めて緩める……。
  • これを繰り返します。このとき、呼吸は、締めたときに息を吐き、緩めたときに息を吸います。

オフィスで座ったままできる膣トレ

  • 腰と背中がまっすぐに背もたれにあたる姿勢を意識して、リラックスした状態を作り、「膣と肛門を、息を吐きながら締め、息を吸いながら緩める」動きを繰り返します。

他にも

  • 家事をしながらできるスクワット
  • 立ってできる膣トレ
  • テレビを観ながらできる膣トレ
  • 寝ながらできる膣トレ
  • グッズを使った膣トレ

などがあります。それぞれの詳しいやり方については、下記の記事をご参考ください。

参考膣トレの方法や効果、膣が緩いと起こる現象・原因まで解説

膣トレの効果がでる期間は?

骨盤底筋に限らず、身体の筋肉を鍛えるとなると、一定の期間を要します。

骨盤底筋の場合、上記でご紹介したトレーニングを毎日継続した場合でも、効果が顕現するまでには、少なくとも3か月以上はかかると想定されます。

参照膣トレとは?骨盤底筋の基礎知識や膣トレのやり方と効果について

膣トレを行うメリット

膣トレの効果としては、以下のようなものが期待できます。

✓尿漏れや子宮脱の予防
✓冷え性や生理痛の改善
✓下腹部の痩身効果
✓性交渉時の感度改善

つまり、膣トレを行うことで、身体の機能的に改善が期待できるほか、外見的な面でも改善が図れます。また、性交面においても感度改善がみられるため、精神的にも健康でいられることになります。

膣トレを毎日継続すると考えると、少し大変なイメージを持ってしまうかもしれませんが、その分多岐にわたる効果を得られる可能性があるため、ぜひ継続してみることをおすすめします。

短期間で膣の緩みを解消する方法

上記でご紹介したように、膣トレはいつでもどこでも手軽にでき、習慣化してきちんと継続すれば、いくつものメリットを得られます。

しかし一方で、あくまで筋肉のトレーニングなので、効果が出るまでにはしばらく時間がかかります。

膣縮小手術

吉沢クリニックでは、膣の緩みを即座に解消する手段として、膣縮小手術を行っています。

膣縮小手術は、緩んだ筋肉を縫って縮めることにより、膣圧を高め直す方法です。

傷跡も目立たない手術で、安全性は高いですが、不安な方は、カウンセリングのみでも結構ですので、まずは一度当院にお問い合わせください。

まとめ

以上、膣トレについてご紹介してきました。

膣に関する悩みは、意外と多くの女性が抱えているものです。

しかし、解消方法はとてもシンプルで、日常生活いつでもどこでもできる膣トレによって、骨盤底筋を鍛えていくだけです。

しかし、トレーニングである以上、効果が出て来るまでに一定の期間を要するので、どうしても早急に膣の緩みを改善されたい方には、吉沢クリニックの膣縮小手術をおすすめします。

デリケートなお悩みなので、相談しづらいなとお感じになった方は、ほとんどの女性が同じような悩みを抱えていることを思い出して、勇気をもってまずはご相談ください。

関連記事

PAGE TOP